不動産投資で副業収入を得る

資産運用をする時、何を基準に考えればよいでしょうか。
金融へ定期預金として預けることは元本の保証がありますのでローリスクですが金利は低く増える金額も少ないためローリターンでもあります。
株式やFXといった投資ではうまくいけば短期間で倍以上の金額にまで増やすことも出来るのでハイリターンではありますが、うまく運用できなかった場合には元本割れすることもありハイリスクといえます。

不動産投資とは、土地や家、マンションなどの不動産を購入してその物件を賃貸することで定期的な収入を得る方法です。
不動産購入には多額の資金が必要になりますが、長期的に一定の安定した収入が得られます。
そのため投資としてのメリットも大きく、最近ではサラリーマンが副業として不動産投資を始めることが出来るくらい敷居も低くなっています。

もし手持ち資金が200から300万ほどしかなかったとしても銀行などから低金利で融資してもらうこともできますし、月々の支払いを家賃収入でまかなっても残ったお金がプラスの収入となります。
サラリーマンをしながら大家になるには家賃管理や建物のメンテナンスに不安を感じるかもしれませんが、管理代行業者に委託すれば少しの費用をかけるだけで時間をかけずに管理をすることが出来ます。

長期的に安定した収入がほしいとお考えの方に不動産投資は有効ですが、不動産投資にもデメリットはありますので十分理解したうえで資産運用してください。